これがあれば海外旅行は安心!持っていきたい市販薬

薬は海外旅行の必需品

海外旅行で注意したいのが体調不良時の対応です。保険が効かない他、人によっては言葉もうまく伝わらない海外では、日本国内の様に気軽に病院に行く事は出来ません。普段と違う環境や食生活を送る事で、体調は崩れやすくなるので応急処置となる対処法を覚えておきましょう。応急処置として有効なのが薬です。日本には沢山の種類の薬があるので、予め、日本国内で市販薬を入手して持っていくのが良いでしょう。錠剤タイプの場合、ピルケースに入れて持ち運べば荷物にはならないので負担も少ないと言えます。なお、処方薬を持っている方は、処方薬も持っていきましょう。

解熱薬や胃薬、下痢止めは特に大切

まず、市販薬で押さえておきたいのが解熱薬です。解熱薬は急な頭痛や発熱の際に重宝します。せっかくの海外旅行なのに頭が痛くては、感動も薄れますし、辛い思い出として刻まれてしまいます。そうならない為にも解熱薬は常備をしておきましょう。解熱薬と合わせて、持っておきたい市販薬と言えるのが、胃薬及び下痢止めです。現地のグルメを食べ過ぎて胃もたれを起こしてしまった経験がある方も少なく無いのではないでしょうか。美味しい料理を思う存分楽しむ為にも胃薬も念の為に持っていくのが賢明です。また、人によっては現地の食べ物と相性が合わず、下痢を起こしてしまうケースもあるので、下痢止めも携帯しておくと安心です。なお、一部の国では薬の持ち込みや持ち込み量を制限しているケースもあるので注意する必要があります。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です