アメリカの文化・歴史を学ぶ!東海岸の定番観光スポット

一周10キロのマラソンコース

東海岸にはニューヨークやワシントンなど、アメリカの中心都市が集まっています。当国の文化や歴史を知る上では、欠かせない場所と言えます。セントラルパークはニューヨーカーの憩いの場であり、四季折々の自然が楽しめる人気のエリアです。これだけの規模の公園が大都市の真ん中にあることは、驚くべきことでもあります。実際、当公園だけで年間3000万人以上の来園者があります。市民ランナーに人気のジョギングコースは、一周10キロもある本格的なコースです。

独立への道を開いた街

ワシントンにあるリンカーン記念館は、アメリカの歴史が刻まれている代表的な施設です。巨大なリンカーンの像と、神殿風の建物が印象的です。巨大な建物は36本の柱で支えられていますが、これはリンカーンが暗殺された当時の州の数に相当します。合衆国議会の議事堂に向けて建てられており、リンカーンの魂が見守っていると言われます。ボストンにはアメリカ開拓当初の、古い建物が残されています。独立への道を開いた街として知られており、ボストン美術館などがあります。

東海岸の世界遺産と言えば

フィラデルフィアは、かつてアメリカの首都として栄えた街です。ニューヨークとワシントンの中間に位置しており、世界遺産に登録されたスポットを擁します。フィラデルフィア美術館には20万点以上の所蔵があり、中でも名作揃いのバーンズコレクションが有名です。建物前の階段は映画のシーンでも度々登場し、印象的な場所となっています。世界遺産で外せないのが、ニューヨークの自由の女神像です。リバティ島へは専用フェリーで向かいますが、常に大勢の観光客で混み合っています。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です