古くから存在する宿場町を歩くのがおすすめ

旧街道沿いは魅力的な観光名所です

日本人の江戸時代頃までの移動手段と言えば、街道を歩いて目的地に向かう事が一般的でしたが、現在はその街道の多くが観光地化されていて、魅力的な街づくりを行って観光客を集めています。関東から日帰り・1泊で行く事が出来る旧街道の宿場町は、福島県の大内・長野県の妻籠・栃木県の日光などが挙げられます。街道が立地する行政や有志は、景観保持のために古くからの家屋を維持したり、電柱や電線を出来る限り撤去するといった努力を行っています。

宿場町への行き方について

東京からのアクセス方法は、鉄道・高速バス・マイカーなどがあり、街道沿いに駐車場があまり設置されていない場合は公共交通機関を使って行くのがおすすめです。なお、行政がバスや自家用車用の有料駐車場を整備しているケース(妻籠宿)もあるので、有効活用しましょう。

どんな食事が出来るか

街道沿いでは、グルメを楽しむ事が出来る事が多く、地域の食材をふんだんに使ったご当地メニューを満喫する事が可能です。長野方面はそばやくるみゆべしなどの名物、日光は湯葉・川魚を使った料理が多くあるので、そこでしか食べられない食事を見つけて旅の思い出を作りましょう。

どんな観光施設があるか

街道沿いの観光施設は、大名が参勤交代の際に利用した旧本陣と呼ばれる宿屋跡・出身人物の記念館・歴史資料館などが立地しているので、街歩きの際に歴史を知る事が出来る教材になります。なお、宿場町によっては、観光ボランティアガイドを登用して観光振興を図っているケースもある事から、時間を掛けて散策したい方はガイドツアーを利用する事をおすすめします。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です