歴史ある修善寺温泉へ出かけてみよう!おすすめスポットを紹介

東京からほど近い修善寺温泉

修善寺温泉へのアクセスは東京駅から新幹線で約50分の三島駅で下車し、そこで伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換えて約30分の修善寺駅で下車します。東京から比較的近い温泉街として、休日になると大勢の観光客でにぎわいます。温泉街の中心を桂川が流れ、周囲を緑豊かな山々が囲む風光明媚なところです。河畔には木造の古風な宿が残り、温泉街情緒に包まれた穏やかな景色は、まさに修善寺ならではのものです。ゆったりとした雰囲気の中で、湯の街の風情に溶け込めます。修善寺温泉街にある宿泊施設は約25軒ありますが、老舗の旅館から近代的なホテルまで様々なので、お好みに合わせて宿を選べます。

温泉名の由来となった修善寺へ行ってみよう

修善寺温泉バス停から徒歩5分の場所には、温泉名の由来となった修善寺があります。ここは平安時代初期に開山した非常にゆかりのある寺であり、鎌倉幕府の二代将軍が幽閉された場所でもあります。寺は緑に囲まれ、堂々とした本堂があります。また、平安時代の密教仏具などを展示した施設が併設されています。基本的に拝観は自由ですが、展示施設への入館は有料となっています。また修善寺のすぐ前、桂川のほとりには修善寺発祥の湯がありますが入浴はできません。

撮影スポットの竹林の小道

善寺発祥の湯の脇から、桂川上流の滝下橋まで続く竹林の小道を散策してみましょう。左右に続く竹林から吹く風が心地よく、散策にはもってこいの小道です。石畳の小道も風情があり、撮影スポットとしてカメラを持った観光客が多いです。散策路沿いには茶屋や和風のギャラリーがあり、ちょっとしたひと時を楽しめます。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です