連休が取れた場合におすすめしたいのが登山旅行!

東京からは甲信方面や尾瀬などに行けます

連休を取れた場合におすすめしたい国内旅行は、2千メートルを超える高山地帯を登山またはトレッキングする事です。東京から1泊2日・2泊3日で行く事が出来るのは、甲信地方のアルプス山脈(飛騨・木曽・赤石)や北関東と南東北に位置する尾瀬国立公園などが挙げられます。

アルプス山脈へのアクセス

東京からアルプス山脈方面に向かう代表的な方法は、鉄道・高速バス・マイカーなどがあり、公共交通機関を使った場合は甲府駅・松本駅・白馬駅から路線バス・タクシーなどに乗り換えて登山口に向かいます。登山の開始は、山小屋に夕方までに到着しておく事がマナーになっている事から、午前までに登山口に辿り着いているのが良く、早朝便か夜行便に乗って東京を出発するのがおすすめです。

尾瀬へのアクセス方法

尾瀬へのアクセスは、バスを使ったツアー・新幹線を使った方法があり、バスツアーは乗り換えなしで登山口まで行ける商品もあります(新幹線は最寄駅から路線バスに乗り換え)。バスツアーは、深夜発と早朝発から選ぶ事が出来るので、長時間にわたって登山やトレッキングを楽しみたい場合は深夜発を選んでおくと良いでしょう。

登山装備や携行品の準備は万全にしておきましょう

高山地帯は、通常暮らしているエリアと違って天候の急変(雷雨やにわか雨)や気温の急降下などが起きやすくなっており、しっかりとした装備で臨むのが常識です。上下の撥水加工されている服で臨むのがもちろんですが、足元のトレッキングシューズも濡れる可能性があるので、高価格帯の商品を選んでおく事が大切です。

ヤートラルートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です